2014-06-24

バルセロナ(スペイン)のチュロス Churros / Xurros


チュロス Churros / Xurros

おおよそ:

色々な節があるみたいですがチュロスは元々アラブから来ているといわれていて、18世紀の最初の頃カタルーニャが発祥の地といわれています。(カタルーニャ節)

カタルーニャでは特に年末年始によく食す食べ物であり、クリスマスから1月6日のトレス・レイエスにかけて広場などにチュロス屋さんが必ず出店されます。

また、朝に食べる軽食(ホットチョコレートと共に)もしくはシエスタ後のおやつとしても頻繁に食されていました。あと夜遊びの後も。一日中じゃないですか。

残念ですが今となっては時代とともにチュロス屋さんは少なくなってきているのが現状です。

スペイン人の子供のときの味の一つかもしれません。なつかしい味。だからたまに食べたくなるのかな?

といってもめちゃくちゃおいしいわけではなくマズうまっ?(笑)  揚げたてが一番おいしい?。あげたてじゃなければおいしくないかも。

まー多くて一人100gで十分でしょう。というよりチュロス屋さんであれば必然的に最低100gからの販売となります。(好きな人はもちろんたくさん)

以下、チュロスが食べれるいくつかのお店や出店



Cafe Granja Viader
住所:C.de Xucla 4-6
ウェブサイト:granjaviader.cat

おおよそ:

老舗。チョコレートドリンクやホットチョコレートがメインのお店だけどチュロスもだしてホットチョコレートにつけてたべます。(これがまたマズい笑)ホイップは美味い。お店の雰囲気はタイムスリップ感があります。


"ね"言:

ここは"Cacaolat"をつくった所。当時、牛乳にカカオと砂糖をいれてできたものを瓶にいれて販売は革命的だったかもしれない。



La Pallaresa
住所:C. de Petritxol 11
ウェブサイト:lapallaresa.com

おおよそ:

手作りのデザートもあるけど、チョコラテとチュロスで有名なお店の一つ。おばあちゃん、おじいちゃんに人気




XURRERIA
住所:C. dels Banys Nous 8

おおよそ:

チュロスを計り売りしている昔ながらのチュロス一筋のチュレリア(チュロス専門のお店)。(少なくなってきているけどこういったお店が街なかに点在しています。)




屋台:出店

おおよそ:

プレハブ?トレーラー?BOX内業務用ステンレスは揚げ物を扱っているけどとてもきれい。
シンプルなスタイルチュロス専用の機械であげたチュロスにお好みで砂糖をかけてくれる。チュロス屋さんにより棒形もあれば涙型?のチュロスもあります。入れ物もシンプル/なつかしい。

2015.01.08

COMAXURROS
住所:C. Muntaner 562 
ウェブサイト:www.comaxurros.com 

おおよそ:

100%のエキストラバージンオリーブオイルで揚げた上品な歯ごたえと味のチュロス。トッピングとしてシナモンシュガーとバニラシュガーがめずらしい。
ここのチュロスは美味しい
!おススメ!

ワンポイント:

チュロスに生ハムも初めてみました。

ガウディ建築のベリェスグアルド タワー・Torre Bellesguard (フィゲーラス邸)に見学ついでにどうぞ。